宝石を見詰める少年〜少年美と鉱物と稲垣足穂的eroticsの夜〜

2018,9,22(sat)〜9,30(sun)※25日(tue)は休業 &10,3(wed) OPEN 13-19時

    美とエロス―

個性溢るる作家作品と厳選された鉱物標本とで、この似て非なるものの境界線を探ります

参加作家:倉貫徹 ゲツメン 雀蜂子 建石修志 中川ユウヰチ 中村淳次 星野時環 森元暢之 協力:母岩

     

 

展示風景

 

 

 
建石修志『地上とは思いでならずや』   建石修志『植物学5―秋に寄り沿う』

 

 

         
中村淳次『ガニメテウス           中村淳次『刻の天使  

 

 
倉貫徹   倉貫徹

 

       
中川ユウヰチ『水晶の中の少年の死』   中川ユウヰチ『水晶の夜の散歩』      

 

       
ゲツメン『黒猫とほうき星』    
森元暢之『星野少年』
雀蜂子『Blue Amber』
 
星野時環『星を降らせる人』   星野時環『星が生まれる夜』

 鉱物標本たち

 

バラエティ溢れる作家作品に加え、約50点を超える鉱物標本がお目見え致します。どうぞお楽しみに―★